SEOマニュアル コアアップデート対応:リカバリーからリベンジ 持続可能の最終決定版

コアアップデートやアルゴリズム更新 小画面、少コンテンツ、省テキスト、多画像のスマホWeb それらに対応、リカバリーからリベンジを推奨する持続可能で最終版のSEOマニュアル ※半額セール 実施中!

SEO塾/株式会社アルゴリズム

SEOマニュアル コアアップデート対応:リカバリーからリベンジ 持続可能の最終決定版

コアアップデートやアルゴリズム更新 小画面、少コンテンツ、省テキスト、多画像のスマホWeb それらに対応、リカバリーからリベンジを推奨する持続可能で最終版のSEOマニュアル ※半額セール 実施中!
SEOマニュアル コアアップデート対応:リカバリーからリベンジ 持続可能の最終決定版

SEOマニュアル コアアップデート対応:リカバリーからリベンジ 持続可能の最終決定版

コアアップデートなど、Googleのアルゴリズム更新に翻弄されているみなさん

このたび、コアアップデートでダメージを受けた、弊社のアフィリエイト サイトですが、みごと、リベンジに成功いたしました!

その情報を、おすそ分けいたします

なお、よそとはかなり異なっている弊社のSEO情報ですが、今回のマニュアルではダメージ回復、順位取り戻しは、一般的なリカバリーではなく、「リベンジ」と使い分けしています

SEOマニュアル アピールポイント

SEOは集客の単なる手段、本来の売上のできるコンテンツ作りに集中するために、ウェブマスターとしてはSEOに没頭するのも終わりにしたい
決定版にして最終版、持続可能なSEOを確立するお手伝いが願い

ここ数年間で、何回もコアアップデートやアルゴリズム更新が起こり、深刻なダメージを受けたサイトも数多い
なるべくダメージを受けない、ダメージを受けてもリベンジできる、その方法論を提示したい

iPhoneやAndroidユーザーが増え、さらにスマホネイティブも多くなっている
ネットビジネスをはじめる・続けるための、スマホWebのサイトづくりも必須

コアアップデート対応

コアアップデートでダメージ受けたサイト
そのリベンジに、今のところ成功している

その現実の事例をベースに、リベンジの様相を解説している

リカバリーとリベンジ

弊社では、ドメインそのままは「リカバリー」、ドメイン変更は「リベンジ」と称している

何回もリカバリーしても手応えがなかったので、苦肉の策、藁にもすがる思いで、ドメインを変更

といってもダメージサイトとリベンジサイトは併存
そのため、ダメージサイト分と合わせて、3月直前以上のトラフィックに到達!

リベンジするなら特定条件の中古ドメインに限る

どのような条件やスペックの中古ドメインなら、リベンジで成功しやすいのか、徹底検証をくわしく解説

また、その条件・スペックを満たす中古ドメインも、別途に特別販売

スマホWebならflexboxで画像・テキストセットのカード型

スマートフォンは、小画面、少コンテンツ、省テキスト、多画像
この限られたスペースに、どうやってSEOコーディングするのか?

その解決策の1つとして、画像とテキストをセットにした「カード型」がもっともポピュラー
それを実現するには、CSS3の「flexbox」が最適
ユーザー利便性とSEOの二刀流を達成
具体的で数多くのサンプルを解説

最近のGoogle AdSenseは、「ネイティブ広告」が主流のようですが、このネイティブ広告も画像とテキストがセットの「カード型」

SNSや、有名有力公式のECサイトも、カード型になっている

まとめとして:コアアップデート対応、スマホWeb、持続可能で最終版のSEOマニュアル

コアアップデートでダメージを受けたと感じるほど、SEOとして成功していた
つまり、順位変動に見舞われる前は、好成績だった

この評価は重要

最初から成績を上げることができないサイトも多い

何もなければすんなり順位アップ
何かあれば、さっさとリベンジ

これが、持続可能で最終版と自負する根拠である

なお、コアアップデートのリベンジとして、別ドメインを立ちあげるが、コンテンツはダメージサイトを修正・削除・追加したものになる

よって、ダメージサイトも、リベンジサイトも、ベースとしてはマニュアル本編のSEOの仕様で作成することになる

弊社のノウハウをまったく適用していないサイトで、ダメージからのリベンジするなら、このマニュアルのSEO仕様の採用で、より成功する可能性も高まるはず

SEOマニュアル SSL&モバイルの目次(内容)

目次は抜粋、省略しております

マニュアル本編:SSL スマホWeb キーワード 内部リンク 外部リンク(140ページ)

  • このマニュアルの方針と結論
    • 1. 第1方針:キーワード、内部リンク、ページ数を多く
    • 2. 第2方針:検索の不調/不振とURL
    • 3. 第3方針:モバイルファーストの真相
    • 4. 第4方針:Webページをパーツに分解 SEOはモジュールで
    • 5. 第5方針:ユーザー利便性とSEOの二刀流
  • SSLとスマートフォン対応Web
    • SSLとサーバー
      • Google Chromeが混在コンテンツをブロック
      • Let’s Encrypt / HTTP/2 / Nginx(エンジンエックス)
    • スマートフォン対応Web
      • レスポンシブWebデザイン
      • 正真正銘の「モバイルファースト」
      • PWA(Progressive Web Apps)
        • PWAの弱点
    • スマホWebのUI/UXとSEOの統合
      • パララックス / アニメーション / スライドショー / アニメーション画像 / リンクの波紋 / モーダルウインドウ
      • SNS主導の画像サイズ~1.91 : 1または1:1
  • SEOの基礎~キーワード・内部リンク・外部リンク
  • ターゲットページの検索の不調/不振とURL
    • ターゲットページのキーワード記述
      • キーワードカニバリゼーション
    • URL サイト構造検索の不調/不振
      • 従来型の常識的なURLサイト構造とリンクの流れ
      • ドメイン直下型の個別ページ
    • URL サイト構造検索の不調/不振改善案
  • キーワードとスマホWeb
    • ヘッダー箇所のキーワードモジュール
    • コンテンツ箇所のキーワードモジュール
    • トップページのキーワード記述とモジュール
    • カテゴリートップ/タグトップのキーワード記述とモジュール
    • 個別ページのキーワード記述とモジュール
    • コンテンツ箇所 カテゴリートップ/タグトップのコーディング
    • フッター箇所のキーワードモジュール
  • 内部リンクとスマホWeb
    • 一番目のアンカーテキストの問題
    • コンテンツ箇所のカテゴリートップ/タグトップなどへの内部リンクを活かすには
    • スマホWebでの内部リンク設定
      • ヘッダー箇所
      • メニュー箇所
      • コンテンツ箇所
      • フッター箇所
      • フッターナビゲーションバー
  • 内部リンクモジュール
    • ヘッダー箇所の内部リンクモジュール
    • コンテンツ箇所の内部リンクモジュール
      • カテゴリートップ/タグトップと内部リンクモジュール
    • フッター箇所の内部リンクモジュールとフッターナビ
  • 外部リンクとスマホWeb
    • 外部リンクのフォーマットとモジュール
    • サブサイト運営
    • サテライト運営
    • 中古ドメインのメリット
  • その他~スマホWebでもパソコンWebでも
    • htaccess / 正規表現を使ったリダイレクト / 日本語URLのリダイレクト
  • SNSのOGP設定

マニュアル付録:本編に入れないチップスなど(95ページ)

  • スマホWebのチップス
  • ブラウザーで確認
    • Chrome
    • Firefox
    • レスポンシブデザインモードでスマホ表示確認
    • コンソールでSSL確認
    • 右クリックから「要素を調査」
  • flexbox
  • Webフォント
    • Font Awesome
  • Google AdSenseのネイティブ広告
    • カード型はGoogle AdSenseネイティブ広告のベース
  • Googleのアルゴリズム更新と順位変動
  • コアアップデート対策の事例
    • 「検索キーワード」は狙い撃ちされているのか?
    • リカバリーとリベンジ
      • リカバリーではダメだったからリベンジ
    • キーワードモジュールの修正・削除・追加:具体的なやり方
    • URLとサイト構造:コアアップデートはURLにかかる?
    • コアアップデートはドメインにかかる?
      • ダメージサイトとリベンジサイト
      • ページビューや検索経由トラフィックのビフォー → アフター
    • コアアップデートやアルゴリズム更新の事例
      • コアアップデートやアルゴリズム更新のダメージは複数回ある
      • 深刻なダメージの前の右肩下がり
      • コアアップデートや他の重要な更新はその時だけか継続するのか?
      • 「絶対」はない。いつか必ず…
  • 中古ドメインとコアアップデート
    • リベンジのための中古ドメインの条件やスペック
    • 中古ドメインの育成
    • サイトの区分と中古ドメインの活用法
      • サテライトとサブサテライト
        • リンクローテーション
      • サブサイト
      • メインサイト
      • 中古ドメイン牧場
    • 中古ドメインのメリット
      • サテライトでもサブでもメインでもリベンジでも
      • コアアップデートのダメージが無かったとして…
    • 中古ドメインのリスク

マニュアルサンプル集:flexbox / UI/UX / フッターナビゲーション(WordPressカスタマイズ マニュアル共通)

  • flexbox
    • 行列順逆
    • レスポンシブで横並び個数を変更
    • 関連コンテンツ作成
  • UI/UX
    • パララックス
    • アニメーション
    • スライドショー CSS
    • アニメーション画像 APNG / WebP
    • リンクの波紋
  • ナビゲーション
    • フッターナビゲーションバー(モーダルウインドウ)

「SSL&モバイル」から【コアアップデート対応】にバージョンアップをご希望の方

先代の「SSL&モバイル」をお持ちで、【コアアップデート対応】にバージョンアップをご希望なさる場合は、「5,000円」にお請けいたします。

お問い合わせからお申し込みください
PayPal支払いも、その旨お書きくださいね

【SEOマニュアル コアアップデート対応】のお申し込み

※半額セール 実施中!

インフォトップでのご購入

インフォトップで【SEOマニュアル コアアップデート対応】ご購入

お支払い方法:クレジットカード・銀行振込・郵便振替・コンビニ・BitCach・ちょコムeマネー

SEO塾/アルゴリズム社の直販をご希望

下記のお申し込みフォームをご利用ください。

お支払い方法:銀行振込またはPayPal

銀行振込 のお申し込み手順

(1) 下記フォームメールによる購入申し込み
(2) アルゴリズム社からの、振込先のご案内のメール
(3) 案内メール受信後、ご入金
(4) 振込完了(守秘義務承諾、ダウンロード要領請求)のメール送信
(5) アルゴリズム社から、ダウンロードURLとID・パスワードのお知らせ

PayPal のお申し込み手順

(1) 申し込み
下記フォームメールで、「PayPal」にチェックして購入申し込み
(2) PayPalでの支払いへ
PayPalからお申し込みのメールアドレス宛に、請求書を送ります
(3) PayPalで決済
(2)請求書にしたがって、ご入金
(4) PayPalにて支払い完了
PayPalお支払いと同時に、守秘義務承諾、ダウンロード要領請求となります
(5)ダウンロード要領
アルゴリズム社から、ダウンロードURLとID・パスワードのお知らせ

疑問な点がありましたら、お問い合わせからどうぞ。

お申し込みフォーム

お申し込み
10,000円:SEOマニュアル コアアップデート対応
はじめての方もリピーターもプライスは同じです
同時お申し込み
10,000円:WordPressカスタマイズ ガイド
同時にお申し込みの場合はチェックしてください
お支払い(必須項目)
 / 
お名前(必須項目)
フリガナ(必須項目)
メールアドレス(必須項目)

弊社ではメールアドレスをお申し込み者の識別子としております。
原則として、お申し込み後に変更なさらないようにお願いします。
また、お申し込みのメールアドレスを見て、これからのご優待などを判断しますので、決して使い捨てメアドはご利用なさらないようにお願いします。
会社名(事業者名)
都道府県名(必須項目)
サイト名
サイトURL
メッセージ(必須項目)
ご確認
必須項目に記入漏れがないことを確認して、下の「決定」ボタンを押してください

SEO塾/アルゴリズム社のSEOサービス