トップへ ->  TDP(トップページ・ダウン・ペナルティ)

『SEOマニュアル2016』 好評発売中!

マニュアル2016の内容は

  • Googleの更新や変化にビクともしない、パソコンでもスマホでもずっと通用するSEO
  • スマホ経由のトラフィックが50~85%時代のSEO
  • スマホページならではのデザインを壊さないSEOモジュール

昨日今日明日も通用する順づけルールをマスターして、Google SEOの迷いと悩みから決別しましょう!

『SEOセミナー2016』 2月18日大阪、3月25日新宿開催

セミナーの目標は

  • モバイル検索ベースの上位表示トップ10入り
  • レスポンシブWebデザイン(スマホサイト)の、順位アップできるコーディング
  • 外部リンクの決定力 リンクグラフで競合に追いつき追い越し突き放す

スマホで検索するユーザーは、10件表示2ページ目つまり11位以降は見ません。
なにがなんでも10位以内、できれば5位以内に入らなければならないのです。

SEO塾.com(覇道編) 新メインサイト オープン!

スマートフォン時代、フラットデザイン、HTML5など、SEOだけでなくWeb、ECサイトにも大きな変化の波が押し寄せております。

それらに対応した新メインサイトを立ちあげております。

SEO塾/アルゴリズム社は、ECサイトのSEOを応援し続けます。

 


以下の情報は、すでに史料的価値しかありません。

TDP早期解消の期間は、早くて2~3日、遅くても10日

今から解説するTDP(トップページダウンペナルティ)の早期解消法は、経験則から、早く手を打つほど効果があります。逆に、あまり時間が経っていると、効き目がないこともあります。

様子見の期間はほぼ2~3日、長くても10日ほどで、トップページダウンペナルティは解消します。

トップページダウンペナルティ(TDP)の早期発見

まず、トップページの現在のタイトルをそのままYahoo!で検索してみましょう。

もしタイトルが短い、あるいは一般的な名詞が多く含まれている場合は、ダブルクオーテーションで囲ってみる方がいいでしょう。

TDPの場合は、このタイトルを記述したリンク元の方が上に来ることが多いです。

次に、「depth」コマンドを使って、トップページが一番に出てくるか確かめます。

例えば、通常のサイト検索「site:www.algorism.jp」ではサイト内のインデックスされた全ページが並んで見にくいからです。

これで、トップページが1番目にないときは、要注意です。

トップページダウンペナルティ(TDP)の早期解消

さて、早期発見の方法でトップページが一番目でなかった場合は、次のようなやり方で早期解消に着手します。

考え方は「キーワード突出度」です。キーワード出現率やキーワード近接度は、すっぱり頭から消しておきましょう。

HTMLソースの上の方タグの前の方、ここに注目します。

「キーワード突出度」でTDPの早期リカバリー

緑がタグを表し、矢印の先の方、あるいはペナント状の左側(色が濃い部分)ほど、SEOスコアが高くなります。
また、赤がHTMLソースを表し、矢印の先の方、あるいは四角の左上(色が濃い部分)ほど、SEOスコアが高くなります。

つまり、タイトルの先頭や、本文の最初の方、この箇所のキーワードを調整してみるのです。

具体的には、タイトルでキーワードを少しうしろに下げたり、h1やh2などでキーワードの前に形容詞でも何でも置くこと。サイトロゴのキーワードも要注意です。

そして不思議でしょうが、この逆も効果があります。つまり、もしタイトルでキーワードが先頭にない場合は一番前に持ってくる、見出しタグでも同様となります。

あるいはさらに理不尽の極みとして、はじめに述べた様子見期間を過ぎてもTDPが解消されない場合は、もう一度同じようなことを繰り返してみると、今度は成功することもあるのです。

もし、これでリカバリーできない場合は、、まったく別のTDPリカバリー策もありますので、SEO塾のサービスをお申し込みください。

このエントリーをはてなブックマークに追加