トップへ ->  TDP(トップページ・ダウン・ペナルティ)

『SEOマニュアル2016』 好評発売中!

マニュアル2016の内容は

  • Googleの更新や変化にビクともしない、パソコンでもスマホでもずっと通用するSEO
  • スマホ経由のトラフィックが50~85%時代のSEO
  • スマホページならではのデザインを壊さないSEOモジュール

昨日今日明日も通用する順づけルールをマスターして、Google SEOの迷いと悩みから決別しましょう!

『SEOセミナー2016』 2月18日大阪、3月25日新宿開催

セミナーの目標は

  • モバイル検索ベースの上位表示トップ10入り
  • レスポンシブWebデザイン(スマホサイト)の、順位アップできるコーディング
  • 外部リンクの決定力 リンクグラフで競合に追いつき追い越し突き放す

スマホで検索するユーザーは、10件表示2ページ目つまり11位以降は見ません。
なにがなんでも10位以内、できれば5位以内に入らなければならないのです。

SEO塾.com(覇道編) 新メインサイト オープン!

スマートフォン時代、フラットデザイン、HTML5など、SEOだけでなくWeb、ECサイトにも大きな変化の波が押し寄せております。

それらに対応した新メインサイトを立ちあげております。

SEO塾/アルゴリズム社は、ECサイトのSEOを応援し続けます。

 


以下の情報は、すでに史料的価値しかありません。

Yahoo!=Googleのトップページ・ダウン・ペナルティ

Yahoo!とGoogleの合体

Yahoo!のGoogle化のあと、2011年1月からたびたびGoogle(Yahoo!)は順位変動を繰り返しています。

なかでも非常に悩ましい順位の乱高下は、6月と7月の更新です。

  • 6月中旬(6月15日ごろ):コンテンツのオリジナリティボリュームなどに難があるページやリンク元が、Googleに評価されなくなっています。
  • 7月下旬(7月23日ごろ):今度はバックリンクの評価をGoogleは変えています。おおむね古いリンクは一度精算され、逆に新しくて好ましいリンクの評価が高まっています。

かなり激しい現象としては、サイトのトップページがメインキーワード検索で、数十番から数百番ほど下落しています。

たとえば80番前後に、150番前後、200番前後、250番前後、300番前後、それ以下というように、考えられない順位ダウンが起こっています。

トップページ・ダウン・ペナルティ(グーグル版TDP)の原因と誘因

もちろん、ベースとしてはGoogleが好まないSEOをやっていたからです。
ただし、スパムやブラックハットをやったからといって、かならずペナルティを受けるわけではありません。

キーワード詰め込みやリンク張り込みなどの、お手軽SEOがそもそもの原因で、別の条件(誘因)が重なったときに、ショックを受けるような順位ダウンが発症します。

トップページ・ダウン・ペナルティの誘因

Google版TDPが発動するきっかけ(誘因)は

  • トップページの、タイトルやコンテンツの、書き換え
  • サイト内のページの、大量の修正、増加、削除
  • 外部リンクの、大量の削除や増加
  • 外部リンクのアンカーテキストの、大量の書き替え

つまり、基本的には、短期間に、大量の、劇的な変化を起こしたときに、TDPの発症確率が高まります。
これらが誘因の場合は、不可逆的ですから、元に戻しても短期間にリカバリーできないことも多いです。

Googleのウェブマスターツールなどを見る

さらには、ウェブマスターの怠慢も誘因となります。

404エラー
大量にエラーが出ている
長期間、放置している
不自然なリダイレクト
存在しないページで404を出さずに、301でトップページにリダイレクト
ヘッダーやJavaScriptなどでリダイレクト
302リダイレクト
重複(複製)コンテンツ
www有りと無しのURLがインデックスされている(本来の内部リンクが外部リンクあつかいとなり、かつリンク元とリンク先が重複コンテンツとなる)
CMSなどで、同一コンテンツが複数URLで表示され、URL正規化がなされていない
重大事ではないが…
robots.txtがアップロードされていない
検索エンジン用サイトマップが登録されていない
メタデータ(descriptions)やタイトルタグの重複

ダウンペナルティを受けているサイトはもちろんのこと、順位が上がらないサイト、そして順調なサイトさえ、これらのトラブルの元を解決しておくべきでしょう。

誘因を解決しても、原因は残っている

まずは、誘因リストはすべてクリア。
思い当たる原因をすべて撤去。

そして、Googleに再審査をリクエストすることになります。

リカバリーは、数日後ということもあれば、数週間、数カ月、ということもあります。

ペナルティの解除の見込みなしのときは、思い切ってドメイン変更が、作業や苦悩に対する費用対効果が高いでしょう。

また、余計なことですが、Googleでは得体のしれないペナルティが数多くありますから、メインサイトは複数の運営を超お勧めします。経験者の助言です。

参考:Googleペナルティ シーソー、スワップ&ドロップアウトでTDP? | SEO塾ブログ

Googleのトップページ・ダウン・ペナルティでお悩みでしたら、SEO診断:サポート からお申し込みください。

このエントリーをはてなブックマークに追加