トップへ ->  SEOサービス(チャート)

『SEOマニュアル2016』 好評発売中!

マニュアル2016の内容は

  • Googleの更新や変化にビクともしない、パソコンでもスマホでもずっと通用するSEO
  • スマホ経由のトラフィックが50~85%時代のSEO
  • スマホページならではのデザインを壊さないSEOモジュール

昨日今日明日も通用する順づけルールをマスターして、Google SEOの迷いと悩みから決別しましょう!

『SEOセミナー2016』 2月18日大阪、3月25日新宿開催

セミナーの目標は

  • モバイル検索ベースの上位表示トップ10入り
  • レスポンシブWebデザイン(スマホサイト)の、順位アップできるコーディング
  • 外部リンクの決定力 リンクグラフで競合に追いつき追い越し突き放す

スマホで検索するユーザーは、10件表示2ページ目つまり11位以降は見ません。
なにがなんでも10位以内、できれば5位以内に入らなければならないのです。

SEO塾.com(覇道編) 新メインサイト オープン!

スマートフォン時代、フラットデザイン、HTML5など、SEOだけでなくWeb、ECサイトにも大きな変化の波が押し寄せております。

それらに対応した新メインサイトを立ちあげております。

SEO塾/アルゴリズム社は、ECサイトのSEOを応援し続けます。

 


 

SEO塾は、ビジネスサイト向けの完全オリジナル

SEO塾の新システムSEO塾は、数年間にわたって検索エンジン対策を研究し尽くし、自サイトや塾生サイトの数千・数万のキーワードの検証によって、オリジナルのSEOを開発し、また成果を実証してきました。

SEO塾は、特にビジネスサイトを対象とした、eコマースを妨げない、スパムにならない、商用サイトに最適の、SEOも完成させました。

検索エンジンには、アルゴリズム変更やペナルティ導入による順位変動がつきものですが、SEO塾は業界随一の分析力と、リカバリーの実績をほこっています。

サービスについて

バックリンクしかない! 内製化できない
そう分かっている・決めている方のみ、バックリンク・システムをお申し込みください。

費用対効果を考えて、まずはお試しで
そのように思っておられる方は、マニュアルやテンプレートをお申し込みください。
本当に書いてあることのすべてを理解して実践するならば、かならず上位表示できます。

あるいはセミナーもどうぞ。

プライスについて

SEO塾新システムのプライス

弊社の、オリジナル技術の集中度や、それにもとづく作業量などを算定して、プライスを設定しております。

理論では、どんな超メジャーキーワードでも、トップ表示できます。

ただ、どれほどの労働力および時間を投入するかということになります。
もちろん、上位表示できている大手企業は、資本力によって数百万円・数千万円の費用をかけて、労働力を外部調達しているのです。

キーワードについて

ロングテールはともかく、メジャーキーワードとミドルキーワードの大ざっぱな区分は、どれだけ競合がひしめいているか?ということです。

儲かるキーワードにはライバルも多く、知恵と技術と資金が多く注入されています。

メジャーキーワード
Yahoo!やGoogleの検索で、上や右に広告が多く表示されるもの
Yahoo!リスティングやアドワーズで、複合キーワードでも平均クリック単価が300円以上のものが多い(「エステ」などのキーワードでは、「エステ 痩身」「エステ 体験」などの平均クリック単価を見て、メジャーキーワードと判断する)
5位から10位のバックリンク(アメリカYahoo! Site Explorerなど)を調べて、すべて5,000件以上ある(Wikipediaを除く)
ミドルキーワード
リスティング広告の数や単価などから、そのキーワードの需要や上位表示の渇望の度合いを測る
5位から10位のバックリンクを調べて、1つでも1,000件前後のサイト・ページがある(Wikipediaを除く)
ロングテール
レアでニッチ、商品の型番、固有名詞、3語くらいの複合キーワード

たとえばバックリンクが「1,150件」なら、ミドルキーワードと考えてもいいか?という質問がありそうですが、メジャーやミドルというのはあくまでも目安です。Googleが線引きしているわけでもありませんし…

つまり、バックリンクが多いということは、ウェブマスターや請負業者が、今もこれからもSEOをやり込むということですから、それを上回る質と量のSEOのオペレーションが必要になるということです。

上位表示されるには、人海戦術と物量作戦、つまり「良いものを、たくさん!」ということです。

SEOも経済活動のひとつで、知恵を出すか、汗を出すか、お金を出すか、その度合いで競争相手に勝つか負けるかということになります。

より、正しい、そして効率的なSEOの投資は、弊社におまかせください。

このエントリーをはてなブックマークに追加