トップへ ->  メールマガジン(メルマガ)
  
 _/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/
    ▼△▼△▼   SEOアクセスアップSEMオーダーアップSEO塾   ▲▽▲▽▲     
 _/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/

   【Yahoo!メルマガ版】 Vol.54  -  2009-08-16 発行



 # Yahoo! 版メールマガジンは、 SEO塾の塾生やセミナー受講者、SEO塾のファン
 # に向けた公式メールマガジンです。
 # 
 # このメルマガをご覧なっている方で、 これからも絶対にSEO塾の塾生にはなら
 # ないと決めている人、SEO塾に反感をお持ちの人は、残念ながら(というかぜひ
 # とも)登録を解除してください。




  ▲ 今号のトピック
 ∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞
  ▲SEO塾のセミナー 大阪&東京
  ▲SEO塾キャンプ 大阪
  ▲BingのSEO インデックスとバックリンク

 ∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞




  ▼SEO塾のセミナーとキャンプ 大阪と東京で連続開催!!
 ==========================================================================

 9月は、SEO塾のセミナーとキャンプのラッシュです。



  ・複数サイトの同時多発SEOと、スパムとペナルティ 大阪&東京
 --------------------------------------------------------------------------

 ・複数サイトのSEO と ブラックハットとペナルティ:2009-09-10大阪梅田
   http://www.algorism.co.jp/seminar/20090910.html

 ・複数サイトのSEO と ブラックハットとペナルティ:2009-09-16東京新宿
   http://www.algorism.co.jp/seminar/20090916.html


 複数のサイトを運営し、それぞれを上位表示させながら、かつバックリンクも
 供給する。

 これは、迂闊にやると、順位アップできないし、一歩間違えるとペナルティを
 受けます。

 そういう事例をたくさん見てきました。


 SEO業者も、売り物の「SEO対策」とやらは有料リンクばかりです。

 実は、一見それは上位表示に貢献し、検索会社もペナルティをかけず、もっと
 も手堅いSEOのように思われがちです。


 しかし、有料リンクは、将来的に順位ダウンのリスクがあると同時に、実はそ
 れほど上位表示に役に立っていないわけです。


 この意味を、じっくり解説します。


 また、後述しますが、今絶対にやっておくべきBing対策というのもあります。


 そして、やるべきでないBing対策もあるんですねぇ…

 特に、タイトルとか見出しとか、リンクとか、そういった細々としたアルゴリ
 ズムネタは多分ほとんどがガセでしょう(笑


 この、日本国内のSEOに関心がある人々を揺るがせている、BingショックもSEO
 塾なら万全です。



 大阪会場は、ほぼ満席に近づきました。
 まもなく締め切ります。


 東京会場の受け付けは、もうちょっと後になります。

 しばらくお待ちください。



  ・SEO塾キャンプ 大阪梅田 駅前第四ビル
 --------------------------------------------------------------------------

 キャンプの方は、 上記セミナーとほとんど重なり、特に一層深くSEOを極めて
 いただきます。

 ・SEO塾キャンプ大阪0929 SEOマスターの定型業務とマル秘上位表示テクニック
   http://www.algorism.co.jp/camp/20090929.html


 順位変動は、自サイトの順位が動いたらビビビっとくるでしょう。

 しかし、それがアルゴリズムによるものか、ペナルティなのか、分かりますか?

 このキャンプに参加すると、それが分かるようになります。

 つまり、 今の順位は、SEOの不足によるものか、過剰によるものか、見分けが
 つくようになるわけです。


 少し前には、Yahoo! JAPANの独自更新と、Yahoo!(YST)のインデックス更新を、
 予測して当てました。


 そういうことができるようになるのです。


 SEO塾の看板を掲げて、 セミナーを催したり、コンサルティングをしたり、そ
 ういった土台となるものを惜しげなく開示いたします。


 費用対効果は抜群。

 キャンプに参加しないと、後悔するかもしれませんよ。



 既に、 SEO塾セミナーをお申し込みの方は、遠慮なく、キャンプに切り替えて
 ください。

 ただし、SEO塾テキストをお持ちの「塾生」であることが条件です。



 今から、SEO塾キャンプ大阪の受け付けスタートです。

   http://www.algorism.co.jp/camp/20090929.html




  ▼BingのSEO 今やるべきことと、やるべきでないこと
 ==========================================================================

 結局、日本はYahoo!が一番です。


 Yahoo! 検索に採用されるということから、あちらこちらで、Bing Bingと騒が
 しいです。

 でも仕方ないですね。


 しかし、 GoogleやYahoo! で実績を上げていない人が、Bingで何かを成し遂げ
 ることはできるのかな?

 検索エンジンは、検索エンジンなんです。


 アルゴリズムやペナルティを、広く深く分析したことがない「にわか」は、一
 生右往左往するだけですよ。



  ・Bingのインデックス
 --------------------------------------------------------------------------

 ・Bingのインデックス robots.txtのDisallowも メタタグのnoindexも無視
   http://www.algoritmi.jp/review/20090814112625.html

 まずは、海外、というかアメリカでざわめいている、Bingのインデックス不全
 の話です。


 とにかく、検索エンジンとしての性能がよくないです。



  ・Bingのバンクリンク
 --------------------------------------------------------------------------

 続いて滑稽なのは、今の日本のBingの検索結果から、Bing SEO対策とか、アル
 ゴリズムとか、あることないこと言ってることです。

 ・「Bing SEO対策」や「Bingアルゴリズム」の致命的な欠陥
   http://www.algoritmi.jp/seo/20090815193836.html

 Bingのインデックス不全は、 SEO対象サイトのみならず、リンク元にまでおよ
 んでいますから、今の検索結果は、非常に偏りがある、ずさんなものなんです
 ね。

 そこまで踏み込んだ解説は見たことがありません。


 Bingで検索して、自サイトのキーワードの順位が1ページ目とか、どうとか。


 Yahoo! に載るBingは、日本MicrosoftのBingとも違ったものなるでしょうし、
 動いてみないと分からないのは、アメリカYahoo! で1位とか自慢していたサイ
 トが、 実際Yahoo! JAPANのYSTが稼働したとたんに上位表示できなくなった前
 例のとおりです



  ・今やっておくべきBing対策
 --------------------------------------------------------------------------

 と、さんざんヤジを飛ばしておきながら、実は、絶対に今やっておくべきBing
 対策というものがあるんですね(笑

 Bingには、インデックス不全という弱点があります。

 さらには、リンクをたどってインデックスするという、検索エンジンの習性も
 あります。


 このことから、絶対に順位アップできず、さらにはペナルティを受けかねない、
 そういった「ある傾向」があるのです。

 そしてこのことは、実はYahoo!でも起こっているんですね。


 ですから、 Yahoo! 検索が、丸ごとBingでも、Bing + Yahoo! でも、高い確率
 で発生すると言える事象があるんです。



 これは、SEO塾セミナーで解説します。




  ▲ 編集後記
 ∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞

 最近、土曜発行が、日曜発行にずれていますね。

 気づいたら、リミットを過ぎていたというのが、真相です(笑


 また、Bingが脚光を浴びることで、私も非常にわくわくしています。



 長年SEO塾とお付き合いしている方はお分かりでしょうが、 私の、昔のターニ
 ングポイントは、GoogleのUpdate Austinでした。

 ・Update Florida - 海の向こうで戦争が始まる :検索エンジン考古学
   http://www.hyperposition.com/se3blog/archaeology/20050525000047.html

 その2ヶ月前に英語圏で順位変動が起こっていました。


 つまり、同じ内容のペナルティ発動であるようなものの、日本語キーワードは
 英語キーワードとタイムラグがあった、ということがショックでした。

 ということは、明らかに、キーワードにペナルティがかかるということになる
 のです。

 しかも、日本オンリーのタイミングということで、肝心のアメリカ情報が当て
 にならない。日本でも、誰も当てにならない。自分で解明するしかない。

 このときに、SEO塾は、SEO塾になったんですね。



 続いてSandbox。

 ・Sandbox Effect - 砂箱のプリズナーNO.6 :検索エンジン考古学
   http://www.hyperposition.com/se3blog/archaeology/20050527083642.html


 結局、当時のSEOとは、アメリカSEOのパクリばかりで、日本で起こった現象を
 理解も解説も、 リカバリーも、できるSEOエキスパートは、やはり誰ひとりい
 なかったんですね。



 SEO塾テキストを見た方は、分かるでしょう?

 キーワード マトリックスとか、 モジュールとか、内部リンクや外部リンクな
 ど、ほとんどすべてが独創的なものになっているはずです。



 今度のBing争乱も、大半のSEO業者やエキスパートが、脱落していくでしょう。

 そして、新しいエースも登場するでしょうね。


 SEOに限らず、イノベーションできない人は滅ぶのみです。

このエントリーをはてなブックマークに追加