ブラックハットのサンプル

「隠蔽系」のブラックハット

ユーザーに見えないところにSEOを仕込む、古くから行われている、非常に一般的なブラックハットになります。

隠しテキスト

隠蔽系の中でももっともポピュラーで初歩的なブラックハットです。

背景色と同色のフォント

実例:キーワード1、キーワード2、キーワード3、キーワード4、キーワード5、キーワード6、キーワード7、キーワード8、キーワード9、キーワード10

<font color="#ffffff">キーワード1、キーワード2、キーワード3、キーワード4、キーワード5、キーワード6、キーワード7、キーワード8、キーワード9、キーワード10</font>

※不自然なスペースを見付けたら、ドラッグしてみてください。隠しテキストがみえるかもしれませんね。

過小サイズのフォント

実例:キーワード1、キーワード2、キーワード3、キーワード4、キーワード5、キーワード6、キーワード7、キーワード8、キーワード9、キーワード10

<p style="font-size:1px">キーワード1、キーワード2、キーワード3、キーワード4、キーワード5、キーワード6、キーワード7、キーワード8、キーワード9、キーワード10</p>

隠しリンク

実例:.

<a href="#">.</a>

隠し画像と合体

実例:

<a href="#"><img src="画像" width="1" height="1" border="0" /></a>

title属性悪用

実例:

ほげほげ

ぽにょぽにょ

ブラックハットだよ

<p title="ブラックハットだよ">ほげほげ</p>
<strong title="ブラックハットだよ" >ぽにょぽにょ</strong>
<img src="画像" alt="ブラックハットだよ" title="ブラックハットだよ" width="#" height="#">

※最後の画像のものは、alt属性とtitle属性のツープラトン・ブラックハットです。

alt属性悪用

実例:キーワード1、キーワード2、キーワード3、キーワード4、キーワード5、キーワード6、キーワード7、キーワード8、キーワード9、キーワード10

<img src="画像" width="1" height="1" alt="キーワード1、キーワード2、キーワード3、キーワード4、キーワード5、キーワード6、キーワード7、キーワード8、キーワード9、キーワード10" />

※これをやれば、キーワード詰め込み具合は10倍にも100倍にもなります。

装飾用の画像に、もの欲しげにキーワードを詰め込むことはブラックハットとなります。

CSS悪用

実例:以下省略

参考:ブラックハット