トップへ ->  ブラックハット(SEOスパム)について

検索エンジン対策とスパム

SEOのホワイトハットとブラックハット

ECサイトやアフィリエイトは、お金儲けとして検索エンジンの上位表示を目指します。

検索エンジン対策をSEOと呼びますが、SEOが行き過ぎると検索エンジンスパムになります。
もちろん、スパムの一部にはペナルティがかけられていますが、ペナルティを受けていないスパムページもあるのも事実です。

なお、SEOエキスパートの間では、正しいSEOはWhite Hat(ホワイトハット)、不正なSEO・スパムはBlack Hat(ブラックハット)と称しています。

正しいSEO ホワイトハット(White Hat)とは

ユーザーに有益なコンテンツを提供している、ユーザーの利便性をそこなっていない、つまりユーザーを忘れないSEOが、ホワイトハットとなります。

逆に、有用なコンテンツを提供していると豪語しても、検索エンジン対策をしていないページは、検索されにくくなります。

まず、GoogleやYahoo!が示しているガイドラインをしっかり学んでおきましょう。

不正なSEO ブラックハット(Black Hat)とは

ブラックハットの特徴の1つは、まずユーザーにSEOの痕跡を見せない、あるいは検索エンジンとユーザーが別のものを見る、ということです。
SEO塾では、「隠蔽系」と「転送系」と呼んでおきましょう。

隠蔽系のブラックハット

まず、「隠蔽系」は次のようなものがあります。

  • 隠しテキスト
  • 隠しリンク
  • title属性悪用
  • alt属性悪用
  • CSS悪用
  • フレーム悪用
  • noscript悪用

隠蔽系ブラックハット
隠蔽系ブラックハットのサンプル

転送系のブラックハット

次に、「転送系」は下記。

  • 誘導ページ(ドアウェイページ)
  • リダイレクト悪用
  • クローキング

上記で「悪用」とありますが、明確な悪意を持っていなくても、検索エンジン対策を意図した未必の故意も、ブラックハットとみなされます。

転送系ブラックハット

リンク系のブラックハット

そして、「リンク系」のブラックハット。

SEOは、激戦キーワードではリンクの特に量が問われます。この「リンク系」のブラックハットも、スパマーは驚くほど高度なものを開発しています(笑

  • コメントスパム
  • トラックバックスパム
  • リンクベイト
  • ボウリング
  • 有料リンク

リンク系ブラックハット

盗用系のブラックハット

さらに、そのリンク元のページ用や、アフィリエイト用に、他人のコンテンツを盗む不埒者もいます。
指定のキーワードを含む前後のテキストをかき集めるプログラムがあります。

盗用系」は次のようなものです。

  • スクレイピング
  • スプログ
  • ミラーリング(重複コンテンツ)

最後の「ミラーリング(重複コンテンツ)」は、自分で自分のページを盗む行為ですね(笑

ブラックハットやSEOスパムの参照サイト・ページ

このエントリーをはてなブックマークに追加